セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン?イレブン・ジャパン(セブン?イレブン、山口俊郎代表取締役社長最高執行責任者)と、富士ゼロックス(有馬利男社長)は1月17日、全国のセブン?イレブン店舗に設置されている富士ゼロックス製デジタルカラー複合機を使った新サービス、「ブロマイドプリント」「証明写真サイズプリント」「分割プリント」を1月18日から開始すると発表した。

 「ブロマイドプリント」は、アニメのキャラクター、動物、風景等のデジタルコンテンツをLサイズのフォトペーパーにプリントするサービス。セブン?イレブンと富士ゼロックスが共同で運営するインターネット上の「ネットプリント」サービスで、プリントしたい画像を選択し、セブン?イレブン店舗に設置されているマルチコピー機の「デジカメプリント」機能を利用して出力するもの。「インターネットを経由し、デジタルコンテンツをデジタルカラー複合機で写真プリントするサービスは業界初」(富士ゼロックス)。コンテンツは最新劇場作品の「真救世主伝説北斗の拳」やイルカやクジラといった動物の写真ほか、約500種類のバリエーションからスタートする。

 また、マルチコピー機を使った新サービスとして、デジカメの画像データを店舗に持ち込み、履歴書や各種試験の受験票等の証明写真サイズで出力できる「証明写真サイズプリント」サービスやLサイズ用紙を最大12コマに分割して画像をプリントできる「分割プリント」サービスも開始する。

 料金は「ブロマイドプリント」がLサイズ(127mm×89mm) 1枚150円。「証明写真サイズプリント」がLサイズ1枚200円。「分割プリント」がLサイズ1枚30 円。