エルゴソフト(小松清志社長)は、CPUにインテルのデュアルコアCPU「Core Duo」を搭載したアップルコンピュータの「iMac」「MacBook Pro」に対応した日本語入力プログラム「EGBRIDGE15 Universal(ユニバーサル)パブリックβ(ベータ)版」を16日から無料で提供すると発表した。

 インテルのCPUを搭載したMacintoshでは、同社が現在販売している日本語入力プログラムが動作しないことに対応したもの。ソフトは同社のホームページからダウンロードできる。なおβ版では電子辞典は搭載しない。対応OSはMac OS X 10.4.4で、HDDの占有量はおよそ120MB。

 「EGBRIDGE 15」は、Mac OS Xで動作する2万の「ヒラギノフォント」を使って、かな・漢字の変換、入力ができる日本語入力プログラム。入力したひらがなだけでなく、確定済み文字列も一緒に解析することで変換精度を大幅に向上させる独自技術「スマート・インライン変換」も装備している。