日本デジタル研究所(JDL、前澤和夫社長)は、「ネット会計」に対応した財務会計ソフト「JDL IBEX財務X」と会計事務所実務ソフト「JDL BEX/AH X」を発売した。価格は、「JDL IBEX財務X」が29万円、「JDL BEX/AH X」が38万円。

 「JDL IBEX財務X」は、「ネット会計」に対応するとともに、新たにRDB(リレーショナル・データベース)を搭載。JDLアプリケーションで作成した財務・税務データだけでなく、さまざまな経営データをExcelなどのツールに直接展開することができ、企業の基幹システムなどとのデータ互換にも対応しているため、経営課題の検証やオリジナルの経営資料の作成などがスムーズに行える。

 「ネット会計」とは、電子メールを活用して会計データが手軽に送受信できる「インターネット会計」機能の搭載により、インターネットを通じて本社と支社、顧問会計事務所の連携したタイムリーな会計処理を実現するもの。同社が提唱する「サイバー会計事務所構想」の核となっている。

 「JDL BEX/AH X」は、会計事務所向けコンピュータシステムで培ったノウハウを、PC環境に継承した会計事務所専用の実務ソフト。「JDL IBEX財務X」同様、「ネット会計」に対応し、新たにRDBを搭載した。さまざまな経営データを自在に組み合わせたオリジナル資料のスムーズな作成をサポートし、顧問先の個別ニーズに応じた高付加価値サービスの提供を実現する。