インタービデオジャパン(田中俊輔社長)は、iPodとPSP(プレイステーションポータブル)ユーザー向けビデオファイル変換ツール「InterVideo iVideoToGo」シリーズ2製品を2月10日に発売する。これに先立ち、ダウンロード版を1月12日に発売した。価格は、iPod向けの「InterVideo iVideoToGo for iPod」、PSP向けの「InterVideo iVideoToGo for PSP」ともに共通で、パッケージ版が6279円、ダウンロード版が4580円。

 「InterVideo iVideoToGo」は、発売中の「InterVideo DVD Copy 4 Platinum H.264 Edition」の機能を厳選してパッケージ化したもの。DVDやビデオファイルを、第5世代iPodまたはPSPで再生できるMPEG-4、H.264形式のファイルに変換できる。

 基本的な操作方法は、同社の「InterVideo DVD Copy 4 Platinum」などと同じで、コンテンツとなるDVDビデオまたはビデオファイルを選択し、変換先のフォルダを選んで、変換したいフォーマット・圧縮率を決定するだけ。対応するビデオフォーマットは、DVD変換がDVD-Video、DVD-VR、 DVD+VR、VideoCD、ファイル変換がMPEG、AVI、MOV、 QT、 WMVなど。

 プロファイル設定は、ワイドスクリーン用のアスペクト比に対応。また、ユーザビリティの向上として、チャプターごとにムービーを作成できる「分割オプション」機能を新搭載した。PSP版では、サムネイルの自動生成(MPEG-4) やファイル/フォルダ名の自動生成も可能。対応OSは、Windows XP/2000。