コニカミノルタビジネステクノロジーズ(太田義勝社長)は、高精細でネットワーク機能を備えた高速A3デジタル印刷機「コニカミノルタ CD362PV」を2月15日に発売する。税別価格は159万円。

 「漢字」「ひらがな」のグラフィック表示を採用した対話方式LCD操作パネルを採用。画面に表示されるボタンを選びタッチするだけで操作できる。紙詰まりが起きた場合、詰まった場所を表示するLEDを操作パネルを中央上部に配置するなど使い勝手を追求した。イーサーネット対応のプリンタコントローラを内蔵し、B4サイズ以下であればPCで作成した原稿をネットワーク経由で最大で毎分135枚直接出力できる。

 印字部にインクを均一に用紙に塗布できる、微細なスポンジ状樹脂層の3層構造マスターを搭載したほか、温度や印刷速度に応じて印刷のプレス圧を自動調整する「オート・プレスコントロール機能」を装備することで、写真などの印刷の質を向上させた。大量の印刷でも画像の濃度ムラや裏写り、裏抜けを抑えた。排出した印刷物を揃える「新排紙機能」も盛り込んだ。