がくげい(神野俊彰社長)はオンライン学習サイト「がくげいスタディパーク」の評価サービスを1月17日に開始すると発表した。評価版サービスは学校関係者に限定し無料で提供する。

 小学1-6年生が対象で、「算数」「国語」「理科」「社会」など12科目を学ぶことができる。4-6年生を対象に「英語」、3-6年生を対象に「タイピング」などの科目も揃えた。問題総数は1万3244問。

 問題の解き方は、かわいいイラストとアニメーションを使って丁寧に説明するよう工夫。学習の進み具合を自動的に記録する「どこまでできた?」コーナーや疑問点を相談できる掲示板形式の「おしえて!」コーナー、会員同士が会話を楽しめる掲示板も用意した。

 評価版の利用には、学校名の入ったメールアドレスでの申し込みが必要。アドレスがない場合は個別の審査を経て利用が可能となる。春頃をめどに正式なサービスを開始する。サービス料金は未定だが、一般ユーザーも利用できるようにする予定。