レノボ・ジャパン(向井宏之社長)は省スペースで20.1インチと大画面のTFTモニタ「ThinkVision L201pモニター」を発売した。直販価格は8万9250円。

 解像度がUXGA(1600×1200ドット)のIPS方式の液晶パネルを採用した。コントラスト比は700:1で視野角は水平・垂直で178度。幅17mmのベゼル(額縁)を使うことで省スペースを実現した。ACアダプターは本体に内蔵する。

 アナログ/デジタルの2系統に対応で、2台のPCを接続した場合、フロントパネル・スイッチで簡単に切り替えが可能。設置時の画面調整もボタンを押すだけ。CADを使った機械設計、金融機関でのトレーディング業務、DTP、医療機関でのデジタル診療システムなどでの用途を見込む。