三洋電機は1月11日、世界最小・最軽量のハイビジョン対応デジタルムービーカメラ「DMX?HD1」を2月下旬に発売すると発表した。価格は12万6000円。

 ムービーも写真も撮影できる「一台二役」をコンセプトとする「Xacti(ザクティ) Cシリーズ」の新モデルで、MPEG-4画像圧縮方式によるハイビジョンムービー機能を世界で初めて実現。ハイビジョン画質(720P、1280×720ピクセル 30fps)での動画撮影に対応した。ハイビジョン画質では、2GBのSDメモリーカードに最長40分の記録が可能。

 また、ハイビジョン対応の高速画像処理LSI「プラチナエンジン」を新開発し、ハイビジョンムービー撮影中に510万画素で静止画の撮影もできる。ハイビジョンムービーと写真の同時撮影が可能なのは世界初。ボディサイズも、民生用ハイビジョンビデオカメラとして発表時点で世界最小・最軽量。撮ったムービーや写真は、付属のドッキングステーションに搭載されたD4端子を使って、ハイビジョン対応テレビでより高精細で鑑賞できる。

 このほか、遠くの被写体をぐっと引き寄せて撮影できる小型光学10倍ズーム・デジタル10倍ズーム、最短1cmまで近づけるスーパーマクロ、最長33時間の音声記録が可能なボイスレコーダー機能など、基本機能も充実。パソコンを使わずにダイレクトに写真のプリント指示ができる「PictBridge」にも対応している。