ソリッドアライアンスは1月11日、クリック数をカウントし液晶画面に表示するマウス 「阿木山麗子(あきやまれいこ)」を発売したと発表した。価格はオープンで同社サイトの直販価格は2980円。色はソリッドブルー。

 マウスのクリックの回数を正確に数える機能を持つ光学式のUSBマウスで、左クリック・右クリック・左右クリック合計と3つの数え方モードを搭載するのが特徴。

 このマウスの用途について同社では「ビジネスの場面では、クリック数によりパソコンを使った仕事量を計測し、従業員の業務査定を行う新しい基準として使うことができる。またパーソナルユースでも、毎日のクリック回数を確認することによりパソコン依存症の歯止め策としても使うこともできる」としている。一方、クリックボタン連打などの不正防止のため、回数を稼ごうとボタンを連打すると液晶画面上に亀が出現、連打し続けると亀がひっくり返ってしまうことで適正なクリック操作を促す、という機能も搭載している。

 また同社では「阿木山麗子とは、この商品のアイディアを考案した二人の名前を合成した架空の人物。元陸上部のマネージャーで、カウントすることに命を懸けており、今はみんなのクリック回数を把握するのに必死、というキャラクターが設定されている」と製品名について説明。さらに、「製品化する意味がないのではないかということで、いったんは没になった。ところが、ある雑誌の没企画コーナーに掲載されたところ読者から問い合わせや要望が寄せられたため、思い直して製品化に踏み切った」と、その経緯を明かした。しかし、とってつけたようなカウンター部のデザインを採用した真相については「担当が外出中」という理由でわからなかった。