アロシステム(大野三規社長)は、高い静音性を実現したデスクトップPC「BTO AMPHIS MT508SILENT」を発売した。BTOに対応しており、CPU、HDD、メモリなどを選択できる。価格は、CPUがCeleron M 350(1.3GHz)、HDDが80GB、メモリが512MB、OSがWindows XP Homeの最小構成で6万9980円。

 ノート用CPUであるCerelon Mプロセッサを採用することで、PCから出る音の大部分を占めるCPUファンを省略、騒音を同程度のスペックのPCの半分以下に抑えた。ドライブや電源ファン以外に駆動部分がないため、水冷システムよりも高い静音性を実現したという。消費電力も少なく経済的なうえ、シンプルなデザインに仕上がっているため、オフィスなどにも適している。