松下電器産業 パナソニックマーケティング本部は、業界初の3CCD搭載DVDビデオカメラ“DVDデジカム”「VDR?D300」「VDR-D250」と、DV方式の3CCDデジタルビデオカメラ“デジカム”「NV?GS500」「NV?GS300」を発売する。価格はすべてオープン。実勢価格は、「VDR?D300」が12万円前後、「VDR-D250」が10万円前後、「NV?GS500」が13万円前後、「NV?GS300」が10万円前後の見込み。発売日は、「VDR-D250」のみ3月1日、その他モデルは2月1日。

 DVDデジカム2機種は、記録メディアにDVDを採用。DVD-RAM/-RW/-Rの3種類のディスクに対応するDVDマルチドライブを搭載する。また、DVD方式のビデオカメラとして初めて、光の3原色(R・G・B)専用の3枚のCCDを使う「3CCDカメラシステム」を搭載し、高性能映像処理回路「クリスタルエンジン」の採用と相まって色再現性を高めた。また、2.7型ワイド液晶モニタや、ワンタッチナビゲーションのアイコンの意味を説明する 「ヘルプモード」などを搭載し、カンタン・快適操作のユニバーサルデザインとした。

 さらに上位モデル「VDR?D300」は、画質劣化がほとんどない「光学式手ブレ補正ジャイロ」や、色にじみを抑えてクリアな映像を実現する低分散ガラス採用ライカディコマーレンズを搭載。静止画を3.1メガで記録できる。

 デジカム2機種は、従来のDV方式のデジタルビデオカメラ。DVDデジカム同様、3CCDカメラシステムと、高画質映像処理回路「クリスタルエンジン」を搭載したほか、両モデルとも、低分散ガラス採用ライカディコマーレンズ、光学式手ブレ補正ジャイロを搭載している。上位モデル「NV?GS500」は4.0メガ、「NV?GS300」は3.1メガの静止画記録が可能。このほか、CCDサイズやズーム倍率、一部機能に違いがある。操作性については、現行モデルをベースに新機能を追加し、使いやすさを向上させた。