次世代DVD規格「ブルーレイ・ディスク(BD)」の普及促進を目的とする活動組織、ブルーレイ・ディスク・アソシエーション(BDA)は米国時間の1月5日夕(日本時間の正午前)、米ラスベガス(ネバダ州)で記者カンファレンスを開き、BDの最終規格が完全に固まったことを明らかにした。

 次世代DVD規格「ブルーレイ・ディスク(BD)」の普及促進を目的とする活動組織、ブルーレイ・ディスク・アソシエーション(BDA)は米国時間の1月5日夕(日本時間の正午前)、米ラスベガス(ネバダ州)で記者カンファレンスを開き、BDの最終規格が完全に固まったことを明らかにした。

 記者カンファレンスは、ラスベガスで開催中の国際家電見本市「コンシューマ・エレクトロニクス・ショウ(CES)2006」の一環として開かれた。BD対応製品は現在、DVDプレーヤーやゲーム機などの分野で各社が開発を進めているが、最終仕様が決定したことで商品化に向けての作業が動き出すことになる。

 BD対応の次世代ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」の開発を進めるソニー・コンピュータエンタテインメントの久夛良木健・代表取締役社長兼グループCEOは、カンファレンス終了後、記者団に対し、「われわれ独自の仕様で製品化するのでなく、最終規格の決定を待っていて良かった。今回の表明を受け、(製品化の)ベストの日を決めたい」と述べ、PS3の早期の投入に強い意向を示した。

 BDは、ソニーのほか、松下電器産業、日立製作所、三菱電機、シャープ、パイオニア、韓国サムスン電子、LG電子、米デル、アップル、ヒューレット・パッカード(HP)などが次世代DVD規格として提唱している。サムスン電子も同日、BDプレーヤーを北米市場で今春から販売開始することをCES会場で表明している。

 記者カンファレンスでゲストスピーカーに招かれたデルのマイケル・デル会長は、「顧客はデルがブルーレイを支援することを喜んでくれている。50GBという大容量があれば、シングルディスクでリッチなコンテンツが楽しめるようになる」と歓迎のコメントを語った。