パイオニア(伊藤周男社長)はブルーレイ・ディスク(BD)とDVDの記録・再生ができるPC用ATAPI接続の内蔵型BD/DVDライター「BDR-101A」を開発し、06年1月末から出荷すると発表した。

 「BDR-101A」は、追記型「BD-R」(ブルーレイ・ディスク・レコーダブル)、書き換え型「BD-RE」(ブルーレイ・ディスク・リライタブル)、再生専用「BD-ROM」(ブルーレイ・ディスク・リードオンリーメモリー)の規格に準拠するPC用ドライブ。BD-R、BD-REの1層ディスクの記録・再生、BD-ROMの1層・2層ディスクの再生に対応する。

 低振動設計で、「傾き」「球面収差」「非点収差」の補正を行う「マルチエフェクト液晶補正機構」などの独自の光学技術を搭載。安定したBD、DVDの記録・再生ができるようにした。

 BD-Rディスク、BD-REディスクは、DVDディスクのおよそ5倍となる25GBの容量、最大毎秒72メガビットの高速データ転送での記録・再生できるのが特徴。ハイビジョンの映像ならディスク1枚で2時間以上記録することができる。