YOZAN(高取直社長兼CEO)とボーダフォン(ビル・モロー社長)は、YOZANが自社ネットワークで提供している「児童見守りシステム」の提供地域を、06年7月からボーダフォンのネットワークを活用し全国に拡大すると発表した。

 「児童見守りシステム」は、GPSと携帯電話をベースにした卵型携帯端末「スクールベル」から構成される緊急時通報システム。今回の提携では、YOZANがボーダフォンネットワークに対応した専用端末を開発。さらに、「児童見守り」以外にも商品を拡張、サービスの総称を「パーソナルセキュリティシステム」と改名し、全国の自治体や教育機関関係者、セキュリティサービスを必要とする法人などに向けて、サービス提供を強化していく。

 これによって、「スクールベル」を身につけた児童が、緊急時に「スクールベル」のピンを引っ張り防犯ベルが鳴ると、ボーダフォンのネットワークを経由して、GPS機能によって児童の位置を特定するとともに、保護者や学校、自治体に通報する。2つの相手先にだけ電話がかけられるオプション機能も用意する予定。

 さらに、06年4月をめどに、専用端末のプロトタイプを利用して法人とのトライアル・共同開発を開始し、同年6月下旬に商用化する予定。緊急時には、専用端末を利用して、ハンズフリーで家族や会社と通話できるようになる。端末保有者の居場所を、随時パソコンで確認することも可能。

 YOZANは、06年1月から積極的な営業を展開し、受注拡大を目指す。さらに、次のステップとして、05年12月25日から開始する「WiMAXサービス」のシステムを活用し、防犯カメラによるセキュリティサービスの提供を検討していく。