三菱電機(野間口有社長)は、中小会議室への設置に最適な、DLP方式マルチメディア対応データプロジェクター「LVP新シリーズ」2機種を06年1月26日に発売する。価格は、明るさ3500ルーメンの「LVP?XD2000」が83万7900円、明るさ3000ルーメンの「LVP?XD1000」が73万2900円。

 中小会議室のシステム提案に最適なエントリーモデル。本体を動かすことなく水平・垂直方向の画面位置を調整できる、電動「レンズシフト」機能を搭載、簡単で正確な据付調整を可能にした。また、色再現性を向上する新しい色彩処理「BrilliantColor」と独自開発した「カラーエンハンサー」機能によって、高輝度と忠実な色再現性を両立させた。3000ルーメン以上という明るさながら、2000:1の高コントラスト比も実現。豊かでメリハリのある高画質映像を再現する。

 さらに、光源ランプの温度制御を最適化することで、光源ランプの使用時間を従来比2.5倍となる最大5000時間に長寿命化。これにより、消耗部品である光源ランプの交換回数を削減し、メンテナンス間隔の拡大とランニングコストの削減を図った。シリアル端子、リモート端子からの外部制御、ネットワーク上のパソコンからの電源オン・オフ、入力切り換えなど、プロジェクター外部制御機能も充実している。

 デザインは、天井へのつり下げ設置を意識して、ターミナルカバー付とした。入出力端子まわりのケーブル類を着脱式ターミナルカバー内に収納できるので、端子接続部が露出せず、すっきりと見栄えよく設置できる。