NTTドコモ(中村維夫社長)は12月21日、フジテレビジョン(村上光一社長)の発行済み株式の2.6%を06年1月11日付で取得すると発表した。取得金額は207億円1300万円。フジテレビが持つ自己株式の7万7000株を買い取る。

 06年4月に始まる携帯電話向けの地上デジタルテレビ放送「ワンセグ」をにらんだ関係強化が目的で、有力なコンテンツであるテレビ番組を獲得したいNTTドコモと携帯電話の技術を吸収したいフジテレビの思惑が一致した。今後、2社では通信と放送が連携した、新しいサービスの開発を検討していく。