ナナオ(実盛祥隆社長)は、特定有害物質の使用を制限した「RoHS指令」に対応した19型カラー液晶モニタ「EIZO FlexScan M1950-R」「EIZO FlexScan M1900C-R/M1900-R」「EIZO FlexScan S1910-HR」の3機種を06年1月17日に発売する。いずれも価格はオープン。

 「M1950-R」は、04年に発売した「M190」の後継機種。同モデルをベースに、高輝度化と中間階調の応答速度改善を図った。輝度は250cd/m2から280cd/m2へ、中間階調の応答速度は12msから8msへ、それぞれ向上。優れた動画特性を実現するさまざまな技術と、SRS WOWサウンド技術を採用した2W+2Wの高音質スピーカーシステムの搭載で、DVDやゲームなどの用途に快適な環境を提供する。

 光沢パネル装着モデル「M1900C-R」と、ノングレア処理モデル「M1900-R」は、応答速度8msの液晶パネルに、1W+1Wのスピーカーを搭載している。

 「S1910-HR」は、05年6月に発売した「S1910」の後継機種。同モデルをベースに、高輝度化と中間階調の応答速度改善を図った。

 3機種ともに、アナログ/デジタルの2系統入力に対応し、用途や目的に応じた最適な表示環境が簡単に選択できる「FineContrast機能」などを搭載する。また、PCリサイクルマークを貼付し、自主環境規格「EIZO Eco Products 2004」を始め、各国の環境規格/安全規格に適合している。

 なお、法人向けとして、「S1910-HR」をベースに、アナログケーブルのみを同梱したPCリサイクルマーク非対応モデル「S1910-H」も同時発売する。