デジオン(田浦寿敏社長)は、マルチトラック・サウンド編集ソフト「DigiOnSound5」を利用して、AC-3(Dolby Digital)サウンドの作成が可能になる「DOLBY DIGITAL Professionalキット」を発売した。価格は4万7250円で、ベクターを通じてダウンロード販売する。

 同キットをインストールすると、「DigiOnSound5」がAC-3コーデックに対応し、DOLBY DIGITALの5.1chサラウンドサウンドのファイルの再生・編集・書き出しができるようになる。「DigiOnSound5」は、動画の音声編集も行えるため、家庭用のビデオカメラで撮影した映像に、Dolby Digital 5.1chサウンドを付けることも可能。さらに、5.1chに対応した「DigiOnAuthor3」などのDVDライティングソフトを利用すれば、5.1chの劇場用映画と同様の音声効果をもったDVDも作成できる。

 AC-3は、ドルビー研究所で開発された5.1ch対応の音声符号化(コーディング)方式。AC-3を利用して符号化(エンコード)された音声信号は、人間の聴覚に合わせた圧縮が行われており、高音質を損なわずにデータサイズを小さくすることができる。

 「DOLBY DIGITAL Professionalキット」では、「Dolby Digital Professional Encoder」を搭載しており、Dolby Digitalが規定している詳細なパラメータ設定を行うことができる。