シーグランドは、豊富な機能を備えたメモリタイプの携帯オーディオプレーヤー「X-mate(クロスメイト)」を12月16日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は、メモリ容量1GBモデルが2万円弱、512MBモデルが1万5000円弱、256MBモデルが1万円弱の見込み。

 再生可能な音楽ファイル形式は、MP3、WAV、WMA(DRM対応)。音楽配信サービスでダウンロード購入した楽曲の再生もできる。さらに、ダイレクトエンコーディング機能やボイスレコーダー機能も搭載した。ダイレクトエンコーディングの際に、曲の切れ目を自動感知し、録音を開始・停止するオートシンク機能を搭載。パソコンを使わずにCDやMDなどからWAVかMP3形式で録音できる。

 このほか、76MHz-108MHzをカバーするFMチューナー、同一箇所を繰り返し聞きたいときに便利な「A-Bリピート機能」、アルバム、アーティストなど、フォルダ別にコンテンツを整理することもできる。

 ボディカラーは、ブラック、ブルー、シルバー、レッド、オレンジのポップな5色。また、音楽再生時にはイヤホンジャックとなり、先端部分を回転させるとUSBコネクタとして使える、イヤホンとUSBコネクタの一体型の回転式コネクタも付属する。

 電源は単4型アルカリ乾電池を使用。連続使用時間は約12時間。対応OSは、Windows XP/2000/Me98SE。なお、ファームウェアはインターネット経由でアップデートできる。