富士通日立プラズマディスプレイ(FHP、井本義之社長)は、世界で初めて、42V型フルHD(High Definition)の画素数(水平1920×垂直1080)をもつプラズマディスプレイパネル(PDP)モジュールを開発した。07年春に量産を開始し、日立製作所ユビキタスプラットフォームグループから、同PDPモジュール搭載テレビを製品化する予定。

 今回のPDPは、独自のALIS方式をさらに改良。従来の42V型クラスのXGAタイプに比べて約2.6倍となる、世界最高密度の207万画素を実現。また、同方式のシングルスキャンによって、42V型でフルHDの画素数を駆動する際にもサステイン時間を長くするとともに、アドレスドライバーの配置を工夫し、広い電極端子ピッチを確保した。これにより、高レベルの表示性能と生産性を実現する。

 さらに、従来比約3分の2と薄いスリムリブ構造を新たに開発。開口率も高め、高精細なセルでも広い蛍光体の塗布面積を確保した。あわせて、高速駆動制御を採用することで、42V型フルHDでピーク輝度1000cd/m2を実現した。また、パネルの駆動波形を最適化することで背景輝度を抑え、暗室コントラスト3000:1によって、美しい黒の表現を実現する。

 動画と静止画を適応的に信号処理する技術もさらに発展させ、階調性と動画品質を改善。なめらかな階調表現が要求されるシーンや激しい動きのスポーツなどを美しく表現することができる。さらに、高精細207万画素とALIS方式の高開口率表示を組み合わせることで、近くで視聴しても画素の境界を感じさせず、フルHDの高密度映像にふさわしい、緻密でなめらかな表示を実現する。

 同社はこれまで、独自のALIS方式によってハイビジョンPDPの市場拡大をリードしてきた。今回、新たに42V型フルHD PDPを開発したことで、さらなる高精細・高画質PDPの市場開拓に弾みをつけたい考え。