オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、人材派遣会社のヒューマン(高田耕治)と業務提携し、OBCの基幹業務ソフトに習熟したスタッフをユーザー企業に派遣するサービスを12月7日に開始する。

 サービス名は「奉行人材派遣サービス」。OBCの基幹業務ソフト「奉行シリーズ」の知識や操作を身に付けた人材をヒューマンが同ソフトの導入を希望したり、オペレーション要員を必要とする企業に派遣や紹介予定派遣を行う。「奉行シリーズ」は財務会計システム「勘定奉行」をはじめ人事や販売、顧客管理などのソフトを揃える。全国で43万5000社以上の企業で利用されている。

 OBCと全国に3000社あるOBCの販売代理店がヒューマンに人材派遣希望企業を斡旋する。ヒューマンでは、日本商工会議所が主催する「電子会計実務検定試験」を全国10か所の支店で随時開催し「奉行シリーズ」の専門スタッフや経理経験者の人材を確保していく。日本商工会議所の検定試験を実施する人材会社は初めて。

 派遣料金は1時間あたり1800円から。初年度で100社、07年度で3000社の利用を見込む。