アイコム(井上徳造社長)は、新チャンネル802.11aに対応した無線LANユニット「SU-50W」と無線LANカード「SL-5200W」を11月30日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は、2製品ともに1万2800円の見込み。

 無線LAN規格802.11a/b/gに準拠し、05年5月に改正された新802.11aにも対応する。どちらも、親機の通信チャンネルに合わせて通信を自動切替する機能を搭載。セキュリティ機能としては、暗号化認証方式WPA/WPA?PSKなどをサポートしている。

 「SU-50W」は、パソコンのUSBポートに接続して使用するUSBタイプの無線LAN子機。通常、USB対応子機はスティック型が多いが、良好な通信環境を構築するため、外部アンテナ方式を採用した。アンテナは、オプションアンテナ(平面/指向性/無指向性)に交換することもできる。

 無線LANカード「SL-5200W」は、高速化技術「Super AG」、長距離化技術「XR」機能を搭載しており、対応する同社無線LAN親機と組み合わせて、より高速で安定した無線通信を実現できる。送信出力可変機能も搭載する。