コンピュータ・アソシエイツ(CA、三ッ森隆司社長)は、個人・SOHO向けスパイウェア対策ソフトの最新版「eTrust PestPatrol アンチスパイウェア 2006」を、CAの直営eコマースサイト「CAストア」で発売した。また、11月4日に全国の主要量販店でも発売する。1ユーザーライセンスあたりの価格はダウンロード版が3980円、店頭パッケージ版が5680円。更新価格は共に2980円。CAストアでは、30日間の無償トライアル版もダウンロードできる。

 同製品は、対応スパイウェアを約4万種類以上追加し、約16万種類以上のスパイウェアの検出・削除が可能になった。確実な処理を行うため、スパイウェアを検出後、一時隔離することで他のシステムに影響することなく安全な駆除が可能か判断し、その後復元もしくは削除する。また、スパイウェア専門研究機関による、最新のセキュリティ情報を24時間365日体制で提供する。さらに、侵入検知だけでなく、スパイウェアが実行されメモリにロードされる瞬間を検知するアクティブプロテクション機能が搭載されたほか、製品の起動後2クリックでスキャン開始が可能になる、シンプルなインターフェイスを採用した。