コレガ(加藤彰社長)は、サーバー内蔵型ネットワークカメラ「CG-NCMNV2」を10月28日に発売する。単独でネットワーク接続できるのが特徴で、価格は、1万7325円。

 カメラにサーバー機能を内蔵することで、画像配信用のPC設置を不要とした。カメラのみでインターネットに接続、リアルタイムで映像を配信できる。PCからの接続のほか、携帯電話からの利用も可能。30万画素のCMOSカメラを搭載し、画像フォーマットはJPEG。人の動きなど映像の変化をメールで通知する動作検知や映像送信のタイミング、スケジュールを設定できる機能も装備する。

 また、IEEE802.11g/b規格に準拠した無線タイプの「CG-WLNCMNGV2」も11月中旬に発売する。価格は、2万3100円。

 2機種ともに個人宅や幼稚園、保育園、企業の受け付けやエントランスなどで防犯用カメラとしての利用を見込む。