ケンウッド(河原春郎社長)は、ポータブルHDDオーディオとのシームレスな接続に対応したHi-Fiオーディオシステム(CDレシーバー)「R-K801-N」、スピーカーシステム「LS-K800」、フロア型スピーカースタンド「SR-K800」を10月下旬に発売する。価格は、「R-K801-N」が6万5100円、「LS-K800」が4万7250円、「SR-K800」が2万5200円。

 最高の音質を再現するために、製品の設計から部品の選定など細部までこだわった「音質マイスターエディション」の一つ、「Kseries」シリーズのバリエーションとして投入されるもの。

 「R-K801-N」では、原音に忠実な音楽再生を実現する数々の技術を搭載し、分解能や音の厚みを向上させた。また、通常のMD・テープ用の録音出力に加え、ダイレクトエンコード機能付きデジタルオーディオプレーヤーに対応した録音端子を装備し、CDから直接プレーヤーに記録できる。

 さらに、同社製ポータブルHDDオーディオプレーヤー「HD20GA7」との接続、操作を可能にする「HDDコントロール」を搭載。本体の専用入力端子にプレーヤーをつなぐだけで、楽曲の再生・一時停止、スキップアップ・ダウンなどが「R-K801-N」の本体キーやリモコンで行える。