NECは、IAサーバー「Express5800シリーズ」において、業界最廉価レベルの3万4440円(送料込み)を実現した「Express5800/110Gc」など、1Wayタワーサーバー群「エントリモデル」3機種を発売した。

 システム導入時の初期コスト削減し、SOHO/小規模事業者、部門での用途に最適なサーバーに保守サービスを実現したもの。「Express5800/110Gc」は業界最廉価レベルでありながらCPUにインテル EM64T対応のCeleron Dプロセッサ331(2.66GHz)とメモリ256MBを標準搭載し、3年間のパーツ保証およびオンサイト保守を実現した。

 ほかの2機種は、(1)オフィスへの設置に最適な業界最小クラスの省スペース化スリムサーバー「110Gc-S」、(2)静音性が求められる環境に最適な水冷式静音サーバー「110Ga-C」――となっている。

 なお、「エントリモデル」の発売に合わせ価格改定を行い、メモリ/ハードディスクを現行価格より最大55%値下げする。現行の「Express5800/110Gc」の標準構成に比べて約43%、「同/110Gc-S」の標準構成に比べて約21%、「同/110Ga-C」の標準構成に比べて約13%の初期コスト削減を実現している。