カシオ計算機は、リアルで迫力あるサウンドを再生する高音質デジタル音源を採用した家庭用カラオケ3製品を11月18日から順次発売する。ラインアップは、ブロードバンドを利用して2万曲以上の曲データからいつでも好きな曲を呼び出せる「通信タイプ」2機種と、家庭でも出先でもすぐに歌える「曲内蔵タイプ」1機種。手軽なハンドマイク型と電子キーボード一体型(通信タイプのみ)を用意した。


 カシオ計算機は、リアルで迫力あるサウンドを再生する高音質デジタル音源を採用した家庭用カラオケ3製品を11月18日から順次発売する。ラインアップは、ブロードバンドを利用して2万曲以上の曲データからいつでも好きな曲を呼び出せる「通信タイプ」2機種と、家庭でも出先でもすぐに歌える「曲内蔵タイプ」1機種。手軽なハンドマイク型と電子キーボード一体型(通信タイプのみ)を用意した。

 通信/ハンドマイク型の「カラオケスタジアム KS-1BB」は、ブロードバンド回線とテレビに接続し、画面の指示に従うだけで簡単に通信カラオケが楽しめるのが特徴。本体は、マイクとコントローラーが一体になったコンパクト設計で、新曲も追加される常時2万曲以上の曲リストから、好みの曲を歌い放題できる。曲データは月額525円。価格はオープンで、実勢価格は1万5000円前後の見込み。11月18日発売。

 内蔵/ハンドマイク型「カラオケスタジアム KS-10」は、650曲分のデータを本体に内蔵。別売の曲カードを差し込むことで曲目を増やすことができる。マイクはワイヤレスのため扱いやすく、振りつけも思う存分楽しめる。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。12月8日発売。

 通信/電子キーボード型「光ナビゲーションキーボード KS-1BB」は、光る鍵盤を追いかけて演奏をマスターできるキーボードに、ブロードバンド通信カラオケ機能を内蔵したもの。付属マイクでカラオケが楽めるほか、4000曲以上用意する鍵盤演奏の練習曲を呼び出してレッスンできる。利用料は月額210円で、練習曲を保存する場合は1曲210円。価格は5万2500円、11月18日発売。

 いずれの機種も、電子楽器と同じデジタル音源を採用し、10種類のエコーやハーモニー効果、一人デュエット、男声/女声の声色変換、音程補正など、多彩な歌声効果を内蔵している。カラオケの点数が出る採点機能も搭載、拍手や歓声などを鳴らす効果音パッドも装備する。