アクティブ・ウェーブ(山本秀三社長)は、スペインのアンフィビア社と業務提携し、情報漏えい・不正利用防止対策に役立つPCセキュリティ管理・監視ソフト「デスクトップ オービター」を10月21日に発売する。

 ネットワーク上のPCの利用状況を常時監視し、自動的に利用履歴を記録する機能に加え、PCの利用制限を設定する機能をサポート。ソフトは、ログ収集・レポート作成を行い、各PCへの制限を設定する「管理ソフト」と、各クライアントPCに搭載する「サテライトソフト(エージェント)」で構成され、各クライアントPCの利用状況とイベントを24時間監視する。

 監視機能では、使用アプリケーションや使用時間、インターネット利用、印刷実績など、「いつ」「誰が」「何をしたか」を自動的に記録・保存。 これらの利用履歴は、PCごとに自由に取り出すことができる。CSVやエクセル、HTML形式などで保存・加工できるレポート機能も備えており、利用状況を解析も可能だ。

 PC利用制限機能では、禁止された操作をした場合に、利用者へ警告を通知。さらに、アプリケーションのインストール制限、システムフォルダやシステムツールなどへのアクセス制限も行える。利用制限は、各クライアントに、個別または一括して設定可能。個々のPC利用状況やセキュリティポリシーをもとに、特定のドライブへのアクセス、アプリケーション利用、PC使用時間などを柔軟に設定できる。このため、企業はもちろん、家庭でもパソコン利用状況の監視・把握などに活用できる。

 価格は、個人向けの「1ライセンス版(ファミリ版)」が1万2600円、管理ソフト1本を含んだ「5ライセンス版」が12万9150円、「10ライセンス版」が17万1150円など。対応OSは、Windows XP、Windows 2000、Windows 2003。なお、体験版を同社サイト上でダウンロード提供している。