ヒューマン・データ・ラボラトリ(HDL、本社・さいたま市、長 誠代表取締役)は、生活習慣管理サイト「マイライフ手帳」を10月24日にグランドオープンする。ezweb、iモード、Vodafone live!に対応し、パソコンからも利用できる。会員登録は無料。現在、iモードおよびパソコン向けにプレサービスを開始している。

 「マイライフ手帳」は、携帯電話やパソコンから毎日の生活習慣データを手軽に記録・管理できるサービス。記録できるデータは、朝・昼・夜の食事量、睡眠時間、体重といった基本的データに加え、運動レベル、余暇時間、喫煙本数、アルコール摂取量、サプリメント(健康補助食品)の摂取量など、詳細データの記録にも対応、細かな生活習慣管理もできる。

 とくに、サプリメントの摂取量を毎日登録し、摂取履歴をグラフでチェックできるサービスは「マイライフ手帳」が初めて。これによって、サプリメント摂取の管理もできる。また、利用者が登録・管理しやすいよう、あらかじめ約1万2000点の商品データベースを用意しており、利用率の高い商品はサイト内でランキング形式で公開していく。

 記録した各データは、過去7日間および1か月単位でグラフ表示できるので、過去を振り返って自分の生活習慣をチェックし、ライフスタイル改善に役立てることができる。また、他の会員と比べて自分がどれくらいの生活習慣レベルにあるのかをグラフでチェックすることも可能。

 さらに、その日の出来事や気持ち、体調などを日記風に記録できるのも特徴。数値データだけでなく、アナログな感情やストレスレベルもチェックすることができ、メンタルバランスの動きを自分自身で把握できる。

 HDLでは、「マイライフ手帳」によって、自分の健康を自分で管理する“セルフメディケーション”をサポートし、ユーザーの“生活の質=QOL(クオリティ・オブ・ライフ)”の向上を全面的にバックアップしていく考え。