プラネックスコミュニケーションズ(久保田克昭社長)は、8ポート10M/100Mスイッチングハブ「FX-08EU」と、SDIOタイプの無線LANアダプタカード「GW-SD11P」を8月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「FX-08EU」が3880円、「GW-SD11P」が1万290円。<br />


 プラネックスコミュニケーションズ(久保田克昭社長)は、8ポート10M/100Mスイッチングハブ「FX-08EU」と、SDIOタイプの無線LANアダプタカード「GW-SD11P」を8月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「FX-08EU」が3880円、「GW-SD11P」が1万290円。

 「FX-08EU」はスタイリッシュなケースを採用、付属するブルー・オレンジ・スウィートピンクの3色の着せかえパネルを使用し、レイアウトにあわせてカラーを変更できる。また、ファンレスのサイレント設計で、ファンによるノイズのない環境を実現した。

 従来品と同等の機能をもちながらUSBバスパワーによる電源供給が可能。底面にマグネットを装着しており、スチールデスクなどの側面に取り付けることもできる。

 「GW-SD11P」は、携帯に適した超小型サイズのIEEE802.11b準拠11Mbps無線LANアダプタ。PDAに接続し、11b対応の無線LANアクセスポイントを使用したホットスポットなどで利用できる。対応OSは、Windows CE3.0/Windows CE4.2/PocketPC 2002/PocketPC 2003。

 主な特徴は、(1)端末間の通信を行うアドホックモード、アクセスポイントとの通信を行うインフラストラクチャモードに対応、(2)ローミング機能対応、(3)64/128bit WEP機能で通信データを暗号化、(4)WPA(認証方式:PSK、暗号化方式:TKIP)でさらに強固なセキュリティを設定可能――など。