KDDIと沖縄セルラーは、au携帯電話の新ラインアップとして、「W32S」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)と「W32H」(日立製作所製)の2機種を9月上旬から順次発売する。

 どちらも、新たに開始する「EZ FeliCa」サービスに対応するau携帯初の「おサイフケータイ」。携帯電話一つで、交通関連サービスや電子マネー、会員証といった各種サービスが利用できる。さらに、本体サイズは同タイプ最小クラスとした。

 このほか、EZ「着うたフル」や「安心ナビ」などauならではのサービスに対応しており、高輝度2.2インチQVGA液晶、3Dステレオサラウンドスピーカーなど、スペックも充実している。カメラの画素数は「W32S」は125万画素、「W32H」は128万画素。

 「W32S」は、最大128和音まで再生可能な最新音源チップを採用。WIN初の「Style?Upパネル」と新「着せ替えメニュー」を採用している。サイズはおサイフケータイ最小。

 一方、「W32H」は、パソコン向けWEBサイトが楽しめる「PCサイトビューアー」、パソコン向けファイルの閲覧が可能な「PCドキュメントビューアー」に対応。さらに、CDの曲をパソコンに取り込む楽曲管理・転送ソフトなどを「MUSIC START KIT」として同梱、充実した音楽機能を搭載した。

 カラーは、「W32S」がラグジュアリーピンク/ルナシルバー/フレームオレンジ、「W32H」がソリッドシルバー/フロストグリーン/ラピスホワイトの各3色。