エヌエイチジェイ(NHJ LIMITED、マージ・ハリレラ社長兼CEO)は、縦42.0mm×横27.2mm×幅15.0mm、17gの超小型軽量を実現したデジタルオーディオプレーヤー「v@mp c@ndi series(ヴァンプ キャンディシリーズ)」を、7月中旬に発売する。

 メモリ容量の異なる3タイプ計6色をラインアップ。カラーは、256MBがブルー/メタリックレッド/メタリックグレーの3色、512MBがピアノホワイト/ワインレッドの2色、1GBがピアノブラック1色――となる。価格はすべてオープンで、実勢価格は256MBタイプが6980円、512MBタイプが9980円、1GBタイプが1万4800円。

 MP3/WMA形式の音楽ファイル再生をサポートし、WMA-DRM(著作権保護機能)ファイルの再生にも対応。今後の展開として、あらかじめ音楽ファイルをプリインストールして販売することも計画している。連続再生時間は5時間(フル充電時)。液晶ディスプレイは搭載していないが、充電・再生状態などは、装備するLEDランプによって簡単に確認できる。

 また同社は、この「v@mp c@ndi series」 および今後のデジタルAV 製品のイメージキャラクターとして、日本ダンス界のドリームチーム“Bugs Under Groove”を起用することを発表。ファッション性の高いイメージ浸透を狙ったブランド戦略を強化していく。