バッファロー(斉木邦明社長)は、7メディア対応USBカードリーダー/ライタ「MCR-C7/U2」に新デザイン・新カラーのモデルを追加、「MCR-C7H/U2」シリーズとして7月上旬に発売する。価格は各2420円。

 ワイシャツのポケットや小ぶりのバッグにも入る名刺サイズのコンパクトな形状はそのままに、(1)きょう体の一部にミラー調のクールな「シルバー」を取り入れた「MCR-C7H/U2-SV」、(2)重厚で高級感のある「ブラック」を取り入れた「MCR-C7H/U2-BK」、(3)ミラー調の鮮やかな「レッド」を取り入れた「MCR-C7H/U2-RD」――の3色を用意。好みのモデルを選ぶことができる。

 対応メディアは、コンパクトフラッシュ、マイクロドライブ、スマートメディア、SDメモリーカード、マルチメディアカード、メモリースティック、メモリースティック PROの7種類。別途アダプタを使用することでminiSD、メモリスティック Duo、メモリスティック PRO Duoの3種類にも対応する。

 USBマスストレージクラスに対応しており、WindowsでもMacOSでもドライバのインストールが不要。また、暗号化ソフトウェア「SecureLockWare」に対応し、メディア内の大事なデータをAES128bit方式で暗号化して保存できる。

 このほかの特徴は、(1)バスパワー方式で、PCに挿すだけで使用可能、(2)中身の見える「ブリスタパッケージ」を採用、(3)4基のスロット同士でのメディアの同時使用/相互コピーが可能――など。