家電量販店のコジマ(小島章利社長)は6月21日、DVDソフトの販売に特化した専門ECサイト「オンライン・コジマソフト」を7月2日にオープンすると発表した。<br />


 家電量販店のコジマ(小島章利社長)は6月21日、DVDソフトの販売に特化した専門ECサイト「オンライン・コジマソフト」を7月2日にオープンすると発表した。

 同社では、ソフトを扱っている店舗が45店舗にのぼり、売上高が45店舗合わせて年商30億円程度という。小島社長は、「オンラインでも、まずは初年度に30億円の売り上げを狙う」と意欲を燃やしており、「今後のソフトビジネスでは、Webサイトを大量のタイトルを扱う主軸ショップとし、実店舗がそれを補う戦略」という。さらに「4000億円規模といわれているDVDソフト市場で10%のシェアを獲得する」方針だ。

 「オンライン・コジマソフト」は、取扱タイトルが10万タイトル以上と国内最大級を誇り、購入品をすべて全国無料配送することが特徴。新タイトルに関しては、予約購入で20%以上のポイントを還元する。同サイトで獲得したポイントは、同社が提供するポイントカード「コジマお客様カード」に移行して店頭で利用することが可能となる。なお、6月25日から抽選で1000人を対象に1円でDVDソフトが購入できるオープン記念キャンペーンを実施する。

 家電量販業界では、ヨドバシカメラやソフマップなど大手ネットショップをはじめ、ビックカメラやエディオン、ヤマダ電機なども力を入れ始めている。過剰出店など実店舗での激しい競争がインターネット上でも繰り広げられることになりそうだ。