カノープス(藤原睦朗社長)は、ノンリニアビデオ編集ソフト「EDIUS 3 for HDV」を7月7日に発売する。価格は3万1290円で、ハイビジョンの映像規格であるHDV映像の編集が可能なWindows用同種ソフトではもっとも低価格となる。

 HDV規格のHDV1080i方式のキャプチャと、編集にいち早く対応したプロ向けビデオ編集ソフト「EDIUS Pro 3」をベースに、初心者にも使いやすいインターフェイスへ改良した。

 具体的には、そのままでは編集に向いていないHDV規格の映像を編集に向いた構造のデータに変換しながらキャプチャする。変換に使われる「Canopus HQ Codec」は、業務用ハイビジョンデッキ以上の高画質で、キャプチャはHDVデータのまま行い、ハードディスク上でHQ AVIデータに変換することもできる。また、事前にフォーマット変換などの作業をすることなく、同一タイムライン上にDVやMPEG映像を自由に配置することが可能で、既存の映像資産を活用することもできる。