東北パイオニア(本社・山形県天童市、山田昭一社長)は、デジタルコードレスサラウンドヘッドホンシステム「SE-DIR2000C」を7月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万6800円程度。


 東北パイオニア(本社・山形県天童市、山田昭一社長)は、デジタルコードレスサラウンドヘッドホンシステム「SE-DIR2000C」を7月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万6800円程度。

 米ドルビー社が持つサラウンド技術を採用し、映画館のような臨場感あふれるサラウンドを体感できるヘッドホン。長時間装着しても蒸れにくいファブリックイヤパッドを採用しており、ドルビーデジタル(サラウンドEXを含む)、ルビープロロジックII、DTSから、デジタル放送のMPEG-2 AACまで、あらゆるフォーマットに対応する。

 このほか、従来モデル「SE-DIR1000C」からの強化点として、(1)ヘッドホンスタンドに乗せるだけで充電ができる「掛けて充電」機能、(2)全機能を操作できるリモコン、(3)トランスミッターのLED部分の明るさを3段階に調節できる(ディマーモード)、(4)AVアンプとの併用も簡単にできる3つのデジタル入力端子&出力端子(スルー出力)――などを追加。別売のヘッドホン「SE-DHP2000」(実勢価格2万円前後)を使えば、複数使用もできる。

 ドルビーヘッドホンとは、2chのステレオヘッドホンでDVDなどのマルチチャンネル音声を楽しむための立体音響技術。従来、ヘッドホンでは耳元や頭の中で音が鳴る不自然さがあったが、ドルビーヘッドホンは音響特性の良いリスニングルームに最大5本までのスピーカーを設置した状態をシミュレーション的にバーチャル化して、立体的サラウンドを体感できるようにする。