ラシージャパン(アレクサンドル・モンターグ代表取締役)は、1.5Gbpsでデータを転送できるシリアルATA(SATA)インターフェースを搭載した外付けハードディスク「LaCie d2 Hard Drive」を6月下旬に発売する。

 最大転送速度150MB/sを実現し、ビデオ編集やRAIDの構築などに最適なハードディスク。電源供給可能な「LaCie SATA PCIカード」をバンドル。2つのSATAポートと電源ポートを搭載し、ACアダプタを利用することなく利用できる。

 きょう体は放熱効果に優れたアルミ製。ドライブスタンドを使って縦置きしたり、オプションのラックマウントキットを使用することによって標準の19インチラックに搭載できるなど、柔軟に設置できるのも特徴。

 価格は250GBのハードディスクを搭載した「LaCie d2 250GB Serial ATA HDD+SATA PCI card」が3万9980円、400GBの「LaCie d2 400GB Serial ATA HDD+SATA PCI card」が6万4980円。