コマツトライリンク(勝島章文社長)は、インターネット経由でアクセス可能なファイルサーバー「WebDEPOT」シリーズに、250GBモデル「IFS-2250G」を追加、6月23日より発売する。価格は18万6900円。

 同シリーズは、インターネット経由でファイルの送受信、共有を行うファイルサーバー。ハードウェアとソフトウェアを一体化しているため、設定の際にネットワークOS関する知識を必要としない。またSSLによる暗号化をサポートし、ハードディスクの2台構成による自動バックアップをサポートするなど高信頼設計となっている。250GBのハードディスクを2機搭載する「IFS-2250G」は、シリーズ中で最大容量となり、製造業や印刷業、医療などアクセス数やデータ量の多い環境での使用を想定している。