エレコム(葉田順治社長)は、ノートパソコン本体の盗難防止に加えて、ユーザー不在時のデータの閲覧・不正使用を防止できるノートパソコン専用ロック「セキュリティワイヤーロックESL-21シリーズ」を発売した。

 閉じた状態のノートパソコンを挟み込んで、ディスプレイ部の開閉を抑制、パソコン自体を物理的に開くことができなくする。盗難はもちろんデータの閲覧や不正使用を防ぐことができる。さらに切断に強い4mm径のワイヤーとピッキングに強いディンプルキーを採用。複製が困難な構造で、合鍵などによる盗難防止にも対応した。

 価格は、「ESL-21D」が7350円、管理者用の共通の鍵が2本付属するマスターキー仕様の「ESL-21DM」が8085円、管理が便利な鍵番号統一仕様「ESL-21DS」が7560円。

 同社では、2つのセキュリティ機能を兼ね備えた「セキュリティワイヤーロックESL-21シリーズ」を市場に投入することで、より手軽で効率的なセキュリティ対策を提案していく考え。