ホロン(脇坂龍治社長)は、DVDオーサリングツール「HOLON HyperDVD Author 2.5」3ソフトと、DVDダビングソフト「PANDORA DVD Copy 3」2ソフトを7月8日に発売する。

 ラインアップと価格は、DVDオーサリングツール「HOLON HyperDVD Author 2.5」が1万290円、「同 優待版」が6090円、他に3ソフトをバンドルする「同 DX」が1万3440円。DVDダビングソフト「PANDORA DVD Copy 3」が6090円、CD/DVDライティングソフト「B's Recorder GOLD7 BASIC」をバンドルした「同 Pro」が8190円。

 「HOLON HyperDVD Author 2.5」は、DVD+R DLを使って最大27時間分の映像を1枚のDVDに高画質ハイパー・トランスコードで収録できるソフト。MPEGやAVI、WMVといった動画ファイルのほか、DVDビデオ、DVD-VR、静止画(スライドショー動画化)もDVDビデオに収納できる。

 「優待版」は、旧バージョン製品のユーザーや競合製品ユーザーが対象。「DX」は、「HOLON HyperDVD Author2.5」に加え、「NTI CD & DVD-Maker」「NTI HomeVideo-Maker」「NTI Backup NOW!」の3製品をバンドル。動画のDVD化だけでなく、タイムライン編集やCDライティング、データのバックアップなどができる。

 「PANDORA DVD Copy 3」は、世界最高水準のDVDコピーソフトとして定評のある「DVD2one」の最新バージョン(ver1.5.2)の日本語版。新たにニュー・トランスコード技術を採用し、ブロックノイズ出現率を極限まで下げて高画質を追求した。