富士通パーソナルズ(瀬井 秀社長)は、シニア初心者を対象とした「らくらくパソコン」の第6弾として、05春モデルの販売を開始した。

 同社では、99年からパソコンの普及促進活動の一環として、「巣鴨でのシニアイベント」を実施しているが、機器設置や操作への不安を理由にパソコンの購入をためらう人が多く見受けられたことから、「訪問サポート」と「専用ダイヤルによる電話相談サポート」を最新の富士通パソコンとセットにし、03年1月から「らくらくパソコン」として販売している。

 春商戦向けの新「らくらくパソコン」では、“わたしには無理と「あきらめていた」”シニア初心者が簡単に始められるよう、「2回の自宅への訪問サポート」と「90日間24時間年中無休の無料電話サポート」を同社最新パソコンとセットにした。

 ラインアップは、(1)らくらくパソコン2回訪問サポートモデル、(2)「目的別コース付5回の自宅への訪問サポート」と「180日間に延長した無料電話サポート」をセットにした「らくらくパソコン5回訪問サポートモデル」――の2モデル。