KDDI(小野寺 正社長)、沖縄セルラー(起橋俊男社長)は、自由なアプローチでこれまでにない魅力とアイデアを備えた携帯電話を提案する「au design project」モデルの第4弾として、世界的に有名なグラフィックデザイナー/アートディレクターのサイトウマコト氏デザインによる「CDMA 1X WIN」対応の携帯電話「PENCK(ペンク)」を、2月下旬から全国で順次発売する。名称はサイトウマコト氏の命名で、音の響きのかわいさ、自由さ、フリーハンド感をイメージした。

 最新の加工方法で、ボタンやカメラをボディと一体化し、柔らかな丸みを帯びた個性的なオーバルフォルムを実現。カラーリングは、内蔵アンテナの電波受信感度に影響を与えない特殊なメッキ蒸着塗装によって、世界で初めて携帯電話で全面メッキを実現した「メタル」をはじめ、「ミルク(ホワイト)」「ビター(ブラック)」の3色を用意。また、業界初の白色ACアダプタを採用し、卓上台、ステレオイヤホンも白色に統一するなど、本体はもちろん、周辺機器の細部に至るまで完成度を高めた。

 サイトウマコトデザイン室がデザインした起動画面、メニュー画面、待受画面、各種アニメなどを、Flashを用いてグラフィカルに表現。サウンドデザインも、サイトウマコト氏のディレクションのもと、すべての着メロと効果音を新たに作成した。

 機能面では、3Dサラウンドのステレオスピーカーを搭載し、EZ「着うたフル」を高音質で聞けるほか、EZナビウォーク、バーコード(QRコード)、Flashにも対応。さらに、高精細2.2インチQVGA液晶、124万画素CCDカメラ、セキュア対応miniSDメモリスロット搭載など、先進機能も兼ね備えている。