NTTドコモグループ9社は、第3世代携帯電話「901iシリーズ」のラインアップとして、FOMAシリーズ最軽量となる「P901i(松下電器産業製)」を2月4日に全国一斉発売する。

 前モデル「P900i」から約16%の軽量化を実現。有効画素数202万画素のメガピクセルカメラを備えながら、本体だけで約109g、ジャケット装着時でも約104gと、これまで発売したFOMAのなかでもっとも軽いモデルとなっている。

 カラーは、ホワイト×パールストライプ、ブラック×クリアローズ、シルバー×ポインテッドブラック、グリーン×ライムウェイブの4色を用意。「ノンジャケスタイル」でそのままでも使えるほか、各色に1種類付属する専用の新型「カスタムジャケット」を装着することで、自分流のカスタマイズが可能。

 オプションの「カスタムジャケット2」を装着すれば、各色最大12通り、「P900i」シリーズ合わせて最大48通りのケータイ・コーディネートが可能になる。「カスタムジャケット2」には、本体カラーが透けるタイプ2種類を含め、パールストライプ/ポインテッドブラック/クリアローズ/ライムウェイブ/クリアジャケット/ColorBlock/LayerLine/Layer花蝶風/Layer書風/ピンクバタフライ/ミスティックアゲハの全11種類を用意。

 このほかの特徴は、(1)待受画面やメール送受信時のアニメーション、メニューアイコンなどのカスタマイズができるiアプリ「ジャケットコーディネーター」をプリインストール、(2)楽しいデコメールが作成できる「動く文字スタンプ」に対応、(3)RPGゲーム「ファイナルファンタジーII」の完全移植版をプリインストール――など。

 本体価格はオープン。標準セットに付属する電池パックが1470円、オプションのACアダプタが945円、卓上ホルダが630円。オプションのカスタムジャケット2が1050円。