リンクスインターナショナル(川島義之社長)は、ENERMAX Coolergiant製PCケース「CS-718」の販売を、1月28日から開始する。カラーはブラックとシルバーの2種類。価格はオープンで、店頭価格は2万5800円前後の見込み。

 前面と背面に大型静音12cmファン(ブルーLED付き)を取付け、特許エアーダクト「Wind Tunnel」(筒状の樹脂製カバー)をケース内に設置。マザーボードを上下逆に配置する設計で、吸引した空気で直接CPUを冷却し、廃熱はそのまま外部に排出する。ケース内に廃熱を残さないので冷却性に優れ、マザーボードのコンデンサ耐久年数を延ばすことができる。

 ブルーバックライトで温度/ファンスピードを表示し、ダイアルでファンスピードの微調整が可能。過熱アラーム設定もできる。温度表示は華氏と摂氏の切替え式。また、取り外し可能なファンラックを搭載し、8cmファンの増設に対応する。

 電源はENERMAX 460W電源、EG465P-VE(FMA)で、P4 Prescott、Xeon、Athlon64/64 FXプラットフォームをサポート。2系統の12V、+12V 35Aの高出力で安定した電流を供給する。75W以上の強力なPCI-Eグラフィックカードを支援する6-Pin 12Vのパワーコネクタを装備し、入力過電流/過負荷/ショート保護機能や、電源異常時のリセット機能、ファン速度制御機能も搭載。

 ベイは、5インチベイ×4、3.5インチベイ×2、3.5インチシャドウベイ×6の搭載が可能で、拡張性に優れる。ケース上部には、USB2.0×4、IEEE1394×1、Audio in/out×1のフロントインターフェイスを搭載している。