• ホーム
  • トレンド
  • 三井住友カード「対象のコンビニ・飲食店で最大5%還元」は7月1日から最大7%に!

三井住友カード「対象のコンビニ・飲食店で最大5%還元」は7月1日から最大7%に!

 三井住友カードは、対象の三井住友カードの特典「対象のコンビニ・飲食店で最大5%還元!」について、7月1日利用分からサービス対象の支払方法・還元率を改定し、「最大7%」にポイント還元率を引き上げる。

2023年6月30日までのポイント還元率

スマホのタッチ決済に限り最大7%!

 7月1日以降、対象のコンビニ・飲食店で決済した際のポイント還元率は、スマートフォンApple Pay/Google Pay)のタッチ決済(Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレス)は最大7%還元(通常0.5%+上乗せ6.5%)に引き上げる一方、現状合計2.5%還元となっているクレジットカード差し込み磁気取引や「iD」は0.5%(上乗せなし)に下がる。また、カードのタッチ決済は、現行と同じ最大5%(通常0.5%+上乗せ4.5%)に据え置きとなる。
 
主な対象のコンビニ・飲食店(駅ビル・商業施設内の店舗など、一部店舗は対象外)

 対象カードは、「Oliveフレキシブルペイ(クレジットモードのみ)」「三井住友カード(NL)」「三井住友カード(CL)」など、三井住友カードが発行する主なクレジットカード。対象のコンビニ・飲食店はセブン-イレブンやローソンマクドナルド、サイゼリヤ、すき家、すかいらーくグループの飲食店など。

 今回の三井住友カードの「対象のコンビニ・飲食店で最大7%還元」は、カードとスマホ(アプリ)、どちらでも利用できる場合にスマホを優遇する分かりやすい事例になるだろう。
ギャラリーページ