• ホーム
  • トレンド
  • 品川区・旗の台に東京23区内初のイオンタウン、オーガニックスーパーやマクドナルドなど

品川区・旗の台に東京23区内初のイオンタウン、オーガニックスーパーやマクドナルドなど

販売戦略

2022/12/09 16:00

 イオンタウンは12月17日、東京都品川区旗の台に、「都市型」ショッピングセンター(SC)「イオンタウン旗の台」をグランドオープンする。

イオンタウン旗の台」の外観イメージ

 全国154SC目となる「イオンタウン旗の台」は、東京23区内への同社初出店店舗になる。同社が都市圏に展開する「都市型」SCとして、利便性を重視した機能をコンパクトにまとめ、「ヘルス&ウエルネス」に重点を置き、地域の人々の健康なライフスタイルを応援する。

 同SCは、東急大井町線・池上線で大井町・五反田・自由が丘まで10分未満、周辺に商店街や住宅地が広がる「旗の台駅」東口改札前に位置している。調剤薬局併設型ドラッグストア「ウエルシア薬局」や、内科・耳鼻咽喉科・整形外科・歯科など多様なクリニック、イオンタウン初出店となるオーガニックスーパー「ビオセボン」、ファストフード「マクドナルド」などが出店し、地域住民のウエルネスで便利なくらしをサポートする。

 サステナブル社会の実現に向けた取り組みとして、国産木材の利用や敷地内緑化により、環境に配慮した“ぬくもり”や“癒し”を感じられる空間を創出する。また、脱炭素社会の実現を目指し太陽光発電設備のSC屋上導入や、CO2フリー電気の活用により、使用電力の100%を再生可能エネルギーでまかなう。

 地域との連携やコミュニティ拠点としての取り組みでは、旗の台駅前東口商店街の一員として地域のにぎわい創出に貢献するとともに、顧客同士の交流を深める場や新たな発見に出会える場を提供する。また、東京都との覚書に基づき、地域の人々とともに子どもたちの安全・安心を守る。

オススメの記事