• ホーム
  • トレンド
  • 富士山の麓でワーケーション、全国旅行支援とキャッシュバックで1万4200円の滞在が実質5760円に

富士山の麓でワーケーション、全国旅行支援とキャッシュバックで1万4200円の滞在が実質5760円に

暮らし

2022/10/28 17:00

 キャップクラウドは、山梨県富士吉田市から受託して進めている事業「富士吉田市まるごとサテライトオフィス(まるサテ)」の一環で行っている全国のテレワーカーを対象にしたキャンペーン「富士吉田市まるごとサテライトオフィス ワーケーション体験×選べるアクティビティ(まるサテキャンペーン)」について、全国旅行支援との併用が可能になったと発表した。

富士吉田市の「まるサテキャンペーン」がよりお得に

 同社は、山梨県富士吉田市の関係人口増加を目的に、富士吉田市での「日常型ワーケーション」を提唱している。日常型ワーケーションは、同社が考えた造語で、日中は通常時と同じように勤務を行い、仕事の前後の時間(朝・夕方~夜)に地域の魅力に触れるワーケーションスタイルのことを指す。「まるサテキャンペーン」では、まだ富士吉田市に訪れたことのない人であっても富士吉田市での日常型ワーケーションを体験できるように、滞在時に必要となる要素をまとめたプランを滞在時間や滞在理由に合わせて複数の選択肢から選べるように用意。特典として、交通費・宿泊費の合計費用の20%をキャッシュバックする(上限1万円)。

 今回、「まるサテキャンペーン」が、全国旅行支援との併用が可能になった。全国旅行支援は、国土交通省 観光庁が行う全国を対象とした観光需要喚起を目的とする事業。10月11日から12月下旬までの実施期間を設けており、期間中に宿泊をすることにより、交通費と宿泊費(または宿泊費のみ)のかかった費用の40%が割引され、さらに地域で使用できるクーポン券が滞在曜日に応じて配布される。割引上限額は、1人1泊あたり交通付旅行商品が8000円割引、それ以外は5000円割引。クーポン券は、1人1泊あたり平日3000円、休日1000円となる。

 全国旅行支援の割引と「まるサテキャンペーン」のキャッシュバック特典を組み合わせ、できるだけ滞在費を抑えたおすすめプランとしては、「市内40箇所の仕事場所使い放題&温泉でのんびり&ホテル泊&富士急ハイランド優先入園ができるプラン」(ハイランドリゾート&スパ 1泊2日)の場合、通常料金2万300円が実質7700円で滞在できる。また、「手軽にワーケーション体験!日中は仕事に集中して仕事の前後に市内を味わうプラン」(富士山ステーションホテル 1泊2日)では、通常料金1万4200円が実質5760円で滞在できる。
 
「ハイランドリゾート&スパ」外観
 
「富士山ステーションホテル」外観

オススメの記事