• ホーム
  • トレンド
  • エアコンの省エネラベル表示が変わる! 0.1きざみの評価に

エアコンの省エネラベル表示が変わる! 0.1きざみの評価に

データ

2022/09/07 11:30

 経済産業省は9月1日、小売事業者表示制度の具体的な表示事項等を定める告示の一部を改正し、公布した。今後、エアコン省エネラベルが新しくなり、より詳細な省エネ性能の比較ができるようになる。

エアコン省エネラベル表示が変更に

 2022年5月にエアコンの新たな省エネ基準が策定されたことを踏まえ、小売事業者表示制度の見直し内容に関するパブリックコメントを行い、家庭用エアコン(壁掛け形)の小売事業者表示制度の具体的な表示事項等を定める告示の一部を改正し、公布した。

 エアコンの統一省エネラベルについては、重複する内容を減らし、わかりやすく、シンプルにするとともに、多くの人が視認しやすいような配色のデザインに改正した。また、エアコンの新基準(目標年度2027年度)で、仕様(一般地/寒冷地)による区分分けを設定したことにともない、寒冷地仕様のラベルを新たに設定した。

 さらに、製品のサイズやネット取引などの限られたスペースでも、省エネ情報の提供機会を確保できるようにするためミニラベルを新設した。

 エアコンの多段階評価制度の評価方法については、現在の「★による5段階の評価」から「1.0から5.0までの0.1きざみの評価」に改正した。また、現在は省エネ基準達成率に基づき★の数が決められているが、改正後はエネルギー消費効率(エアコンの場合はAPF)に基づき算出した評価点に応じて1つ★から5つ★までの半星を含めた★の数が決められる。
 

 小売事業者表示制度改正の施行は10月1日。なお、エアコンのラベル表示は、23年9月30日までは、従前のラベルを継続表示できる。
ギャラリーページ

オススメの記事