• ホーム
  • トレンド
  • PHRアプリ「NOBORI」 アップデートでマイナポータル連携に対応

PHRアプリ「NOBORI」 アップデートでマイナポータル連携に対応

暮らし

2022/06/20 17:30

 PSPが提供するPHR(Personal Health Record)アプリ「NOBORI」は、5月31日からiOS版、6月9日からAndroid版で、政府が運営する「マイナポータル」とのシステム連携を開始した。

PHRの民間サービス第1号

 NOBORIは、患者が提携医療機関から提供された画像や検査結果、薬などの医療情報をスマートフォンでいつでも参照できるサービス。このNOBORIと「マイナポータルAPI」をシステム連携することで、従来からNOBORIで参照できた医療情報に加え、行政機関などで管理されている医療情報についても、一元的にデータの確認・保管が可能になる。
 
NOBORIのマイナポータル連携の利用フロー

 マイナポータルから連携する対象のデータは「予防接種情報」「妊産婦・乳児・幼児健康診断情報」「特定健診情報」「薬剤情報」「医療費情報」。マイナポータル連携は、NOBORIアプリから申し込み、マイナンバーカードを読み取ることで認証が必要。

 総務省から引き継ぎ、マイナポータルを運営するデジタル庁はNOBORIについて「マイナポータルとシステム連携した、PHRの民間サービス第1号」と紹介している。

 なお、NOBORIアプリを利用しなくとも、マイナポータルにログインすれば医療に関する各種情報を確認できる。ただし、マイナポータルでは、表示期間を過ぎた古いデータは削除されるが、NOBORIアプリでは生涯を通じて保存・閲覧できる。
 
マイナポイント第2弾では、「健康保険証としての利用申込」で1人7500円相当もらえる

 「マイナポイント第2弾」のポイント獲得条件の一つ、「マイナンバーカードの健康保険証としての利用申込」は、「医療機関・薬局に設置された顔認証付きICカードリーダでマイナンバーカードを読み取って医療機関・薬局を受診すること」に加え、「医療・健診に関する各種情報をマイナポータルでの表示・閲覧を可能にすること」の利用申込であり、医療機関のマイナンバーカード対応率が低い現時点では、むしろ後者のほうがメリットは大きい。

オススメの記事