東京電力EP、「夏の節電チャレンジ 2022」開始

 東京電力エナジーパートナー東京電力EP)は6月8日から、家庭における省エネルギーへの取り組みサポートを目的とした「TEPCO省エネプログラム2022」を実施する。
 

「TEPCO省エネプログラム2022」第1弾がスタート

 「TEPCO省エネプログラム2022」は、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻に起因する世界的な燃料費の高騰や、それにともなう卸電力市場価格の高騰などによって、燃料市況や需給の見通しが不透明な状況において、家庭で省エネを楽しく実践してもらうためのサポートプログラム。

 第1弾として、指定の電気料金プランへの加入者を対象にした、「夏の節電チャレンジ2022」「わたしの省エネ行動宣言」の二つのアクションを実施するとともに、賢く省エネに取り組めるコンテンツや、季節に合わせた節電情報などを「くらしTEPCO web」などを通じて提供する。

 「夏の節電チャレンジ2022」は、くらしTEPCO webから申し込みを行い、同社が指定した時間帯に節電を行った場合に、節電した電力量に応じた「くらしTEPCOポイント」がもらえる。付与されるポイントは、節電量1kWhあたり5ポイントで、節電料0.01kWh以上を達成すると、初回特典として100ポイントが付与される。申し込み期間は6月8日~8月20日、実施期間は7月1日~9月30日。

 くらしTEPCOポイントは、キャンペーンの対象となる電気契約1契約あたり1500ポイントを上限とし、同ポイントはTポイント、Pontaポイント、WAONポイント、nanacoポイント、dポイント、Amazonギフト券などに交換できる。

 「わたしの省エネ行動宣言」は、「くらしTEPCO web」マイページにメールアドレスを登録しているユーザーが、同社が送付するメールから「省エネ行動宣言」に登録することで、提携先のポイントに交換可能な20ポイントを毎月付与する。さらに、自身の省エネの工夫を登録すれば、抽選で毎月100人に1000ポイントが当たる。実施期間は6月8日~2023年3月31日。

 そのほか7月下旬以降には、第2弾として「くらしTEPCO web」における電気使用量の見える化機能を拡充するとともに、電力小売全面自由化前の電気料金プランへの加入者も参加できる取り組みの実施を予定している。

オススメの記事